FC2ブログ

WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジャッロ・ロッソ其ノ弐

毎度おなじみWSK式選手評価。ローマ2nd編。

基本方針は前のチームから変わってません。

IN バティ、バチスタ、アクイラーニ、リーセ、カフー、フェラーリ、ドニ
OUT カリュー、マンシーニ、アスンソン、カンデラ、アウダイール、ゼビナ、ルパテッリ


ポジション 選手タイプ 貢献度 寸評
FW
バティ(BS) ストライカー 切札
チームに慣れるまで数試合かかったが、その後は期待通りの活躍。チーム最大の切札に。
カッサーノ(04-05) ファンタジスタ エース級
今回も経験次第の気分屋。個人能力開花後は前Ver.と同等の輝きを放っている。
モンテッラ(04-05) フィニッシャー エース級
トップ下にトッティを固定したことでスタメン定着。カサ坊、王子との黄金トライアングルは凶悪!
トッティ(IT,CRA,BAN) 万能型 エース級
序盤はトップ起用中心だったが、モンテッラの活躍もあり1列下がった。
MF,FWのレギュラーとは全て太線以上とチームに必要不可欠な大エース。

MF
バチスタ(06-07) アタッカー バックアッパー
他のMFにはない突破力で攻撃にアクセントを加える。リード時にはCFで前線からの守備も◎。
デ・ロッシ(06-07) ダイナモ エース級
中盤底に構えるチームの心臓。決定的なパス、攻撃参加は減ったが、守備力はさらに安定。
ペロッタ(06-07) 万能型 バックアッパー
王子のトップ下移動に伴い出場機会を失う。中盤全体の貴重な控えではあるが・・・。
トンマージ(BE) ダイナモ レギュラークラス
相変わらず縦横無尽に駆け回る安定感抜群のフィルター。が、攻撃センスはややダウンか。
アクイラーニ(06-07) プレーメーカー レギュラークラス
KP指定。ローマの新「スーペル・レジスタ」守備力や上がってのアシストも及第点以上の働き。


DF
パヌッチ(02-03) 万能型 バックアッパー
なんでもこなす頼れる守備職人。最終ライン全てと中盤の守備固めで活躍。
キブ(06-07) 万能型 エース級
ボール奪取のタイミングが秀逸。SB、アンカーとしても活躍できるスーパーDF。競り合いも○。
メクセス(05-06) ハードマーカー レギュラークラス
やや裏を取られる機会が増えたが、それでもキブとのCBコンビは堅牢。CKの得点源にも。
リーセ(05-06) 攻撃的SB レギュラークラス
リアルに反して抜群の適応力。フィジカルを活かした守備に攻め上がりにCKキッカーに躍動。
カフー(04-05、IS) 攻撃的SB レギュラークラス
高精度クロスを武器に攻撃に花を添える。攻撃面は満足だが守備面はやや不安か。
フェラーリ エアバトラー バックアッパー
CBコンビのSTAが低いので貴重なサブに。地上戦はレギュラーに劣るが空中戦に長ける。

GK
ドニ(06-07) 不動の守護神 レギュラークラス
良くも悪くも無難な白GK。一芸が欲しいところだが安定した活躍。


序盤はトップ下が固定されずふらふらしていたものの、トップ下に王子を固定し、
KPをアクイラーニに変更した以降は22戦18勝2敗2分と(今のところ)好調。
前回は控えだったモンテッラがスタメンに踊り出、リーセが攻守に奮闘。
何より、経験溜まってからのカッサーノの動きの良さは相変わらず。
バティ、バチスタ等サブも及第点以上の活躍だけに、ここからの伸びも期待できるか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。