WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エリック・アビダル(05-06)

数値11・14・12・16・17・15・85 SKILLサイドのストッパー

今や世界を代表するLSBの一人にまで成長したアビダル。彼も05-06ではまだ白。
それでも05-06排出白DFのなかでも屈指の存在です。

CBと見紛うほどの身体能力、守備力をライン際で存分に発揮。
SKILL通りサイドのストッパーとして相手のライン際の攻撃を豪快に食い止める。

セールスポイントはやはり身体能力を活かした破壊的なタックル。
敵の足に行ってるようにも見えるが、ノーファールで相手をなぎ倒しながら奪い取る。
ストッパータイプだが一定以上の揺さぶりへの強さも持ち、あらゆるタイプのWGでも
それなり以上に渡り合うことができるのはうれしいところ。

ただ、全体的なポジショニングにやや難があり、悪い体勢で対峙してしまうこともしばしば。
こうなってしまうとアビダルの身体能力といえどやはり厳しい。

豪快な守備とは相反して、攻撃面は地味というか堅実。
ロングパスやクロスはほとんどなく、ショートパス中心に確実につなぐ。
パス精度はSBとしては並。オーバーラップもほぼ皆無。攻撃面はホントに地味。

新黒はどれほど強化されているのか、気になります。

奪取力8 突破力5 インターセプト6 カバーリング6 ショートパス精度6 クロス頻度3 
空中戦5 パワー型対応力8 スピード型対応力7 ポジショニング△ 使いやすさ7
Ruud的オススメ度★★★★★★★7


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。