WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Ruud的オススメ白黒集(DF、GK編)

今日はDF、GK編。
DFはやや人材不足な感もありましたが、これが以外に・・・


5位・・・クリスティアーノ・ルパテッリ(02-03)
序盤は遅い、弱い、止まらないと悪の3拍子そろったGKだった。
しかし経験が溜まるにつれメキメキと力をつけ、最終的にはとても信頼の置けるGKに。
迅速な飛び出しに加えて、至近距離のセービング、PKストップには抜群の安定感。

4位・・・フェリペ
1回目の起用した感覚ではトップ候補だった。しかし2度目でやや評価はダウン。
とはいえアンドラーデを彷彿とさせる脚力、さらに高さをもち、両足でのビルドアップもなかなか。
当たり負けしたときにカバーしてくれる相棒さえ居れば十分優秀な白CB。

3位・・・クリスティアン・キブ(05-06)
以外にも使用者は少ないが、速さと巧さを兼ね備えた天才肌のCB。
CB,SBに加え、代表でもプレーするボランチでもハイレベルのプレーを披露。
ローマでのメシェとのコンビネーションはミランのCBコンビに迫るものがある。

2位・・・セバスティアン・フレイ(IS)
白は優良白としてエリアでもしばしばと顔を見せるが、キラの使用者は皆無に等しい。
しかしISは白よりも数段上のプレーを見せつける。特に安定感とフィードは成長。
全体的な総合値はブッフォンに劣るが、使いようによっては彼を凌駕することも。

1位・・・ベルナール・メンディ
トゥーレを彷彿とさせる身体能力をを持ち、抜群の攻撃力を備える注目のSB。
チャンスを見計らって駆け上がり、ロングボールで試合展開を変える。
守備は気まぐれだが、抜群のフィジカルを活かして時にはトップレベルのWGすら完封する。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

エリア獲った時の左SBはキヴでした。
ドログバをガッチリ押さえ込める数少ないDFの1人ですね。ほっとくとFK蹴ったり、怪我すると永遠と帰ってこないのが玉に瑕でしたが…。

abeken | URL | 2008年07月08日(Tue)23:10 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。