FC2ブログ

WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

R・ハリケーン<C.K>

奪取重視  ランクS

第4回全国大会優勝チーム、R・ハリケーン<C.K>。
Ruud的には他の全国大会優勝チームよりイヤ~なチームです。

フォメ(攻撃陣)が極度に中央に寄り、雪崩れ込むようなアタックとチェイスを見せてきます。
ダヴィッツ、アッピアのWトップ下が驚異的な前線からのプレスを敢行し、
こちら最終ラインに余裕を与えません。
シェバ、アンリの縦に並んだ2トップが左右に開いて自由自在な中央突破を披露。
鈍足CBでは振り回された挙句にレッテーの連発でしょう。
ゴール前でFKを与えようものなら「名手」シニシャの登場。1点は確実でしょう。

守備陣は6バックに近い5バック。
シニシャ、トゥドール、リンギオが最終ラインの前に防護壁を作り上げ、
その後ろにはマルディーニ、テュラム、ビリカが待ち構える。



対策としては守備陣を中央に絞り、2トップに自由なプレーを許さないことでしょう。
攻撃陣は6バックを崩すのと同じ要領でサイドアタックや、比較的スペースのある
1列目最終ラインの3人の間にSTを配置したフォメなんかもいいでしょう。
現在Ruudのローマではリンギオとトゥドールの間にカッサーノを配置してます。

1試合に何度も崩すのは困難で、チャンスを確実に決められる決定力も重要になるでしょう。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。