WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アンドレア・ピルロ(WMF)

数値14・12・20・12・12・15・85 SKILL三叉者の操者

レジスタといえばこの人。イタリア、ミランで絶対的存在になったピルロ。
以前スターが語るWCCFに登場していましたが本人もゲーム(ウイイレ)好きなのは有名ですね。

さて、使用感。MFの中央さまざまなポジションで起用しました。
連携がつく前から持ち前のパスセンスを存分に発揮。FWが受けたいポイントにピタリ。
もちろん展開力も抜群。黄金になると高速パスも増え、攻撃力は格段とアップ。
ロングパスだけでなく短いパスもトップレベル。長短のパスを使い分ける姿はピルロそのもの。

数値的にフィジカルが弱いので、守備力には不安があるように見えるが、
ここ数年の守備技術向上を表すかのように(ピルロにしては)高い守備力を持ちあわせる。
中盤を動き回り、フィジカルを考慮した横からのタックルやインターセプトで攻撃をせき止める。
運動量も多く、奪取力も思った以上に高い。

そして、ピルロといえばFK精度の高さで知られるところですが、さすがに上手いです。
速さは並ですが大きく曲がり、GKを避けるかのように飛んでゴールに吸い込まれます。


ただ、やはりピルロはピルロ。
いくら守備が上手くなったとはいえ、中盤守備を一手に引き受けるほどではもちろんない。
特にパワー型への脆さはひどいので、リアル同様クラッシャーとセットで使いたい。

パスセンスはさすがですが、比較的横の意識が強く、攻撃を加速させる縦パスは
比較的少ないように感じました。なのでトップ下よりもCH向きと言えるでしょう。

守備偏重の今Ver.ではやや冷遇されていますが、思ったよりもかなり使いやすいです。
是非一度、お試しあれ。

ロングパス10 ショートパス9 展開力10 決定力7 FK9 奪取力7
対スピード型対応力5 対パワー型対応力3 インターセプト6 使いやすさ6
Ruud的オススメ度★★★★★★★7

オススメ起用ポジション:CH,DH,OH(やや低め)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

以前、ピルロを起用しましたが使いこなせませんでした。。。
ピルロに限らず、パスが得意といわれる選手全般使いこなせないです。今やってるチームはトニーニョ・セレーゾとヴェロンをダブルボランチで使ってます。守備はある程度犠牲にしてのチョイスなのに、期待通りの成果がでないです。周りも結構連携のいい選手を使ってるんだけど・・・ただの監督の力不足?

nami | URL | 2008年05月30日(Fri)22:24 [EDIT]


おそらくは戦術ボタンの使い方もあるのでしょう。

それと、パサー二人並べたからといって攻撃がうまくいくとは限りません。
今回の使用感にも書きましたが、レジスタやオーガナイザーを配置するときにはクラッシャーやフィルターとなるDHとセットで起用してこそ活躍できると思います。

Ruud | URL | 2008年05月31日(Sat)11:20 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。