FC2ブログ

WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

ホセ・レイナ(05-06)

数値9・17・13・16・12・10・77 SKILLゴールへの起点

今Ver.ではWGKとして排出されているレイナ。
それにしても……26歳にしてあの前頭部はジダン以上ですね(笑)


さておき、使用感です。

白GKとしては全ての能力値が平均以上を誇り、その通り欠点も少ない。

中でも飛び出しは数値以上。平均以上の体躯も持ちあわせており、ハイボール処理は巧い。
セービングタイプとしては安定型で、ファインセーブは少ないが致命的ミスも少ない。
特に近距離セーブの安定感は素晴らしく、CK等でも発揮される。

PKの強さは白としては最高クラス。2本ストップはざらで、ノッたときはジダすら上回る。
また、OFE9はしっかりフィードに反映されており、特にフィード精度は全GKでも上位クラス。


だがやはり白GKらしく、鬼シュート(特にミドル、ロング)への対応力にはやや欠ける。

バランスが取れており非常に使いやすいGKで、万人にお勧めできる1枚。

近距離セーブ8 ミドルセーブ6 飛び出し7 フィード8 PK戦9 
ハイボール処理7 安定感○
Ruud的オススメ度★★★★★★★☆7.5



スポンサーサイト

PageTop

パトリック・クライフェルト(05-06)

数値17・4・16・18・13・12・80 SKILL刹那の覚醒

今Ver.ではさらに数値DOWNしてしまってる「マルコの後継者」
白とLEの特殊実況が同じなのは嬉しいところです。

さて、使用感です。白ですが、やっぱりクライファートです。
空中戦に関しては綺羅と比較しても遜色ないレベル。
高く、強く、巧いヘディングはあらゆる場面で貴重な攻撃力に。
また恵まれた体躯と高いTEC,POWを活かしたポストプレーはトップクラス。
トップ下もこなせるパスセンスを持ちあわせ、アシストのできるCFとしては超優秀。

もちろんCFとしての動きも素晴らしい。
SPEのDOWNでライン裏の飛び出しこそいま一つだが、手前で受けてDFを崩す動きを一級品。
小さいトラップから小刻みなドリブルで翻弄し、そのままパワーで抜ける。
足は速くないが、ドリブルが小さいのでなかなか取られず、そのままフィニッシュに持っていく。
決定力はトップクラスではないが数値相応以上で、白としては十分なレベル。

惜しむらくはそのスタミナか。
序盤はハーフが精一杯。終盤になっても1試合持つことはまれか。
スタミナさえ持てば最高クラスの白CFなんですが・・・。

決定力7 突破力8 空中戦9 ダイレクトプレー9 抜け出し5 ポストプレー9 
タックル耐久力9 シュート力7 パス精度7 使いやすさ7
Ruud的オススメ度★★★★★★★★☆8.5

オススメ起用ポジション:CF,ST



PageTop

オレゲール・プレサス・レノム(05-06)

数値11・16・12・15・14・14・82 SKILL強力なフィジカルコンタクト

最終ラインの様々なポジションで起用。

POW15。でもSKILLは「強力なフィジカルコンタンクト」
数値以上の当たりの強さ、空中戦の強さはトップクラスのPOW型FWとも互角に渡り合える。
それでいて一定クラスのSPEも兼ね備え、幅広いタイプに対応可能。
SPEと当たりの強さがあるので裏表記のある右SBでもプレー可能。
複数のポジションが高いレベルで守れる白DFは多くないので貴重。

タイプとしてはCB,SBどちらでもストッパータイプ。カバーリングはあまり上手くない。

OFE値は11あるが、決して高いとは言えず、攻撃性能には疑問符。
ドリブル、パス共にやや雑で、右SBで起用する時は目をつぶってやるしかない。
全体的にTEC型は苦手なようで、揺さぶられると意外にもろい。
できればこいつにはガッツリ行ってもらい相棒でカバーするのがベストか。

奪取力6 一対一7 空中戦8 パワー系対応力8 スピード系対応力6
突破力4 カバーリング6 フィード5 使い勝手8
Ruud的オススメ度★★★★★★☆6.5


PageTop

復活・・・?

1か月ぶりの更新です。


自分の中でのいろいろな変化もあり、最近はWCCFをお休みしています。

復帰はしようと考えてはいますが、時期に関しては未定です。

当面は今まで溜まった使用感をアップしたり、書き改めたりで過ごそうと思います。


PageTop