FC2ブログ

WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

初級者が初心者に贈るWCCF講座~番外編~

今日はご要望のあったPK戦に強い選手、弱い選手の話。
CUP戦などの対人戦では避けては通れない(特に多重バック)PKですが、
正直RuudはPK戦は得意分野(対人勝率高いです)なので自信を持って(?)ご紹介。
ただ、PKに関しては他のサイトでも多く扱っているのでかぶってることも多いですが・・・。


つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

ファン・ロマン・リケルメ(CRA)

数値 18・4・20・17・10・14・83 SKILLエルカウデージョ
リアルで非常に起用法が難しく、彼の王様チームにしてやらないと輝かないファンタジスタ。
中位クラスのヴィジャレアルを上位に引っ張り上げた立役者であります。

左SH、WG、トップ下で起用しました。
唯一にして最大の武器は右足から繰り出される変幻自在のキック。
足元からスルー、アーリークロスからミドルシュートまで右足でしっかり蹴り出されたボールは
数多くの決定機を生む。キック精度、キック力共に上級以上。

DEF値4とMFかと疑いたくなりますが、案外守備意識はあり、POWも高いので、
まれに相手が激突してボール奪取できちゃいます。パスカットは無理ですが。

すいません。あといい点が見当たりませんでした^^;
ここからは欠点の書き綴りとなります。リケルメファンの方は見ないほうが・・・。


つづきを表示

PageTop

立て直し

この間ちょこっと紹介したRuudチームですが、大規模メンバーチェンジを行い、
なんとかチームとして動く形に戻しました。ちょっと月並みな優良選手が多いかも・・・。

以前ルケの使用感で書いた「ルケ今Ver.最強白WG宣言」ですが、撤回かも知れません。
もっとひどい(かもしれない)LWGを発見。これも月並みな選手。
厳密には彼の起用ポジションはLSHなのですが。はい。そうです。リーセです。
もうちょっとで評価確定です。多分ルケ並かそれ以上です。キック力がハンパじゃないですね。

あと今回プッシュしてみた選手。こちらは今シーズン伸びてきてる若手。
リアルではフィジカル不足ですが思い切ったミドルとパス、守備もなかなかにこなし、
クラブでWボランチを組む相棒とともにアッズーリの未来を背負って立つ選手です。
そうです。アクィラーニです。今回の白期待No.1の選手と思ってます。
本来ここ(トップ下)はドニを起用してみようと思ってたのですが、キラ枠の関係もあり彼を抜擢。
今のところはかなりいい感じです。攻撃的なピルロといった感じでしょうか。

久々のニステル。思いっきり輝かせてやらねば。



PageTop

架空LE数値予想第三回~ディエゴ・マラドーナ~

今日はアルゼンチンのデブ・・・じゃなくて至宝のマラドーナ。
その能力故、WCCFで排出されることは考えづらいですが・・・?


つづきを表示

PageTop

2軍(マジカルセレステ?忘れましたw)

本来バルサの次として立ち上げる予定だったチームを何となく新規ICで立ち上げちゃいました。
チームはズバリ「FCバレンシアU-5」。まんまです。
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯モリエンテス(05-06)
┃□┃□┗━⑪━┛□┃□┃⑮アングロ
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭ディバイオ(04-05)
┃□┗━━━━━━━┛□┃⑬マドゥーロ
┃⑩□□□□□□□□□□┃⑫カネイラ
┃■■■■■■■■⑨■■┃
┃■■■■■⑧■■■■■┃⑪ビジャ
┃■■■■■■■■■■■┃⑩ビセンテ(WSA)
┣━━━━━━━━━━━┫⑨アイマール(CRA)
┃■■■⑦■■■■■■■┃⑧ジェラール
┃■■■■■■■⑥■■■┃⑦バラハ(04-05)
┃□□□□□□□□□□□┃⑥アルベルダ(05-06)
┃□⑤□□□□□□□②□┃⑤カルボーニ
┃□┏━━④━③━━┓□┃④マルチェナ(05-06)
┃□┃□□□□□□□┃□┃③アルビオル
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②ミゲウ
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①モリーナ

はっきり言って、いまのところかなり弱いです。
ビジャ、アルベルダ、バラハと黒枠3人がそろって経験値依存大ということが判明・・・
今はアイマールのパスとビセンテの突破、モリエンテスの決定力で凌いでます。
もともとは中盤の控えにシッソコが入っていたものの、得点力不足により
バルサでも大活躍だったジェラールを召集。

これを立ち上げたことによって空いた1軍は急遽ニステルチームを立ち上げ。
ところがこれがインテルばりの絶不調。大ピンチ。

立ち直ってくれるのでしょうか?良くならなかったらまだ脳内チームはあるのでw


PageTop

バルサ総評。

RL優勝も達成(6勝1敗ですが^^;)して、あとJTで全冠だったバルサ。
結局JTを4連敗し、Ruudの心が折れたので辞任しました。
そこでいままでの選手たちの活躍を評価。


つづきを表示

PageTop

マルティン・デミチェリス

バイエルンで活躍する万能リベロのデミチェリス。
ボランチとCBをハイレベルにこなし、バイエルンでも重宝されています(多分)。

RuudもDHやCBを中心に、たまにインサイドハーフやOHでも起用。

動きの激しいポジションにおいて華麗さを攻守に織り交ぜたプレーは同郷のレドンドを彷彿とさせる。

基本は無駄に動き回ることはせず、守備範囲を着実に守る。
速さはないが、数値以上に当たり負けしないタックルとテクを活かしたインターセプトを見せる。

奪取力と同じくらい彼の優れた能力は白ボランチトップクラスの繋ぎ。
ショートパスを中心に、的確にテンポ良くボールを配給する。ミドルパスも優秀。

OHでもプレッシングはもちろん、パス、フィニッシュ等決定的な仕事もできる。
高い位置にいてもよく働き、バイタルエリアで奪ってゴールに繋げることも。

CBとしてもなかなかに使える。
リベロ的な動きをした記憶はないが、ストッパーとして積極的なタックルとフィードで貢献。

空中戦も上背があるためなかなか。
ただ、不思議とCKのクリアや合わせてのゴールは少なかった。

守備面でもしっかり守る範囲は狭いので相方はしっかりフィルターになれる人を。

オーガナイザー(レジスタ)であり、バランサーであり、クラッシャーでもある。
白ボランチとしては希有な存在なのではないでしょうか?

ロングパス7 ショートパス7 展開力7 決定力7 奪取力7 空中戦7 突破力4
対スピード型対応力5 対パワー型対応力7 インターセプト5 ユーティリティ性○
Ruud的オススメ度★★★★★★★7



PageTop

出場@借りたインテル

本日は知り合いの方が開催する小さな大会へ。
レギュは本大会は5R。その後のがU-5。
Ruudがインテルで出ようとしてたアレ(5R)です。結局Ruudは当日出れなかった方の
育成したインテルを借りての5Rは出場。U5は悩んだ挙句、
「バルサは最近不調だな・・・」

初全冠のバティGOAL!!で出場。

まずは本大会。試合は7試合の総当たり戦。

フォメのほうは4-3-1-2(02-03インテル選抜)
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯0203Aバティ
┃□┃□┗━⑪━┛□┃□┃⑮0203コンセイソン
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭0203アルメイダ
┃□┗━━━━━━⑨┛□┃⑬0102マテ
┃□□□□□□□□□□□┃⑫ヴィヴァス
┃■■■■⑩■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■■■┃⑪TSボボ
┃■■■■■■■■■■■┃⑩0203モルフェオ
┣━⑦━━━━━━━━━┫⑨FAレコバFKCKPK
┃■■■■■■■■■⑧■┃⑧0102ザネッティ
┃■■■■■⑥■■■■■┃⑦0102Aエムレ
┃□□□□□□□□□□□┃⑥AEディ・ビアッジョ
┃□⑤□□□□□□□②□┃⑤ココ
┃□┏━━④━③━━┓□┃④0203カンナ
┃□┃□□□□□□□┃□┃③ISコルドバ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②ISサネッティCP
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①0203トルド

インテリスタとしてはうれしいチームモチベMAXです。

つづきを表示

PageTop

クリスティアン・パヌッチ(02-03)(04-05)(05-06)

数値
02-03 11・16・13・14・14・14・82 SKILL確実なつなぎ
04-05 11・15・13・14・14・14・81 SKILL安定したポジショニング
05-06 12・15・14・14・14・14・83 SKILL落ち着いたマンツーマン

WCCFではずーっと数値的には優良白のパヌッチ。
なんか最近は代表に復帰しちゃったりしてます。
WCCF的にも05-06がITの数値を上回って「キラより強い白」が誕生しちゃいました。
今回はいろんなパヌッチを起用してみました。


つづきを表示

PageTop

初級者が初心者に贈るWCCF講座(14)

他の企画に忙しかったせいもあり、久しぶりになりました。
今日はボランチ、DFの組み合わせ方のお話。


つづきを表示

PageTop

次Ver.数値予想(5)~ロジェリオ・セーニ~

南米が排出される最大の目玉(だろう)セーニ。
FKの名手ということもあり、特殊実況にも期待がかかります。


つづきを表示

PageTop

決戦(?)

今日も台原へ(最近台原にばっかり行ってる)。

あ、一人いるな~。
普段どおり1サテに着席しようとしたら、いきなり肩を叩かれる。いた一人はDennisでしたw。
というわけでDennisの隣の8サテで蹴ることに。

JTは過ぎていたようで、またFM+RLで5クレ消化。
まるでダメでした。狙ったところが黄金にならず要らない太線が増加。
誰がコウトとアビダルの世界最高の連携を見たいだろうか(ちょっと見たいかも)?

ちょっと蹴るのを止めて、しばしDennisのTHCを観戦。

そしてICCを発見したため2度目の挑戦。
登録は3人(Dennisも参加)。Ruudはラブルーアンサンブ、ミラン、アーセナルと同じグループに。


つづきを表示

PageTop

架空LE数値予想第二回~ガブリエル・バティストゥータ~

Dennisが始めた新企画ですが面白そうですね。Ruudも参加しますw。

Ruudの一発目オランダトリオのうちの一人、ではなく、Ruud初全冠のエース、バティ。
ただ、全盛期がヴィオラなので排出はまだ先かも・・・。



つづきを表示

PageTop

完了(?)

今日はタイトルに出ずにRL+FMで育成に励む。

RL最終節にアムステルダム・ジュエルと対戦。
またもやベルカンプを止められず。0-1で敗戦。なんだかなぁ・・・。
結局大不振のRLは3勝4敗。でもなぜか4位に留まってCTの出場権GET。もう獲ったけど。
シーズン変わって今のRLは2勝で首位。なんとか今回は優勝したいところ。

FMのほうはまずまずの成果。ようやく3Rが黄金トライアングルに。
太線も数本増えたので上出来。コク⇔ガウショ、ジェラール⇔ガウショは黄金付けておきたいな。

あと数本黄金を作る予定ですが、概ね育成は完了。革命児?無理でしょ。
しかもそんなに黄金必要ないと思うので。

あとは全冠狙うのみ。

P.S.次のチームはすでに出来上がってます。


PageTop

架空LE数値予想第一回~マルコ・ファン・バステン~

ここでは往年の名プレイヤーがカード化されるとしたら
どのくらいになるのかを考えていきたいと思います。ちなみにRuudからの許可なし笑

記念すべき第一回はこの人!!ミランの黄金期を支えた「オランダ・トリオ」の1人、
ファン・バステン!!
ユーロで残した伝説のボレーはいまでもファンの間で語り草となっていますね。


早速数値予想…



つづきを表示

PageTop

カカ(0506CRA)

数値18・8・19・14・19・16・94 SKILLクアルテットマジコ

もはやミランの「顔」と言っても過言ではないカカ。FIFA最優秀&バロンドールのW受賞したことで
世界最高のプレーヤーとして広く認識されています。


右WG、OHで使用。

まずOHから。世間で言われているようにボールの持ちすぎ感は否めないが、
それでも持ち前のキープ力で簡単にボールを奪われない。
両ウィングへのパスはスルーを狙うよりも足元に確実にしていた印象。

打って変わってCFにはスルーをバンバン出す。
CFのスピードによってはオープンスペースに出されたパスをダイレクトでレッテーできる。
パス精度はさすがのもの。しかし裏に書いてある「高速フリーランニング」はあまり見られず。

続いてWG。「WCCF」上のカカはサイド適性が高いのは周知の事実。

やはりOHに比べて圧倒的に輝く。ボールを受けるとTEC・SPD19の能力を遺憾なく発揮し
ボックスエリアへ。ここでは持ちすぎが逆に長所に変わる笑。たまに中へ切れ込んで
ムダにボールキープ→とられてカウンターというシーンもあるが、基本的にはクロスまで行ける。

シルベストルなどのパワー系DFには若干苦戦するものの、TECで躱して(ルーレット多用傾向あり)
抜くこともしばしば。


クロスは中の上といったところ。アンリ・アドリと組ませたところ連携◎のアンリではなく
特殊で▲のアドリにやたらクロスを上げる→アドリ外すといった光景がよく見られた。
またWG時もスルーは秀逸。キーパーが出てこれない絶妙な位置にピタリと出す。
得点パターンのひとつでもありました。

持ち込んでそのままシュートにも持って行けるが、決定力は低め。
大事な場面で外して監督をガッカリさせたのは一度や二度ではない(泣)

弱点としては前述のとおり低めのパワーと持ちすぎな点。パワーについては経験がたまれば
ある程度のレベルまでいくので序盤は辛抱が必要。

少しクセはあるものの、一度つかえば病み付きになる方も多いかも笑

WG突破力8 クロス6.5 カットイン7決定力7 タックル耐久力5 OHショートパス8 ロングパス7
ミドルシュート6(基本Dennisはミドル打たないので曖昧)スルーパス8.5 PK5.5
Dennis的総合評価★★★★★★★☆7.5

オススメ起用ポジション 右WG

PageTop

ペトル・ツェホ(05-06WGK)

数値 9・20・12・19・12・12・84 SKILLロングレンジガン

チェルシー&チェコの不動の正GK、ツェホ(チェフ)。
今WGKは数値でついにブッフォンに並ぶ最高数値84をたたき出しました。
ウイイレ好きのRuudは、彼は最も嫌なGKです(デカい+セービング上手い)。

最大の武器は安定したセービング力。
ブッフォンに勝るとも劣らないポジショニングに加え、ビッグセーブもなかなか。
エリア外からのミドルシュートで破られることは皆無。最悪CKに弾き出す。
至近距離のシュートにもかなり強く、CKからでもなかなか失点を許さない。
飛び出しの速さは数値通りでいたって普通だが、シュートのブロッキングも非常に上手い。
上背、POW19のおかげでハイボール処理も最高峰。よって足の遅さも気にはならない。

以前はPKが弱いとも言われていましたが、Ruud的にはそんなことはなく。むしろ強い。
安定して2本止めるだけの力はあり、キッカー次第ではかなりの勝率を残せる。

ただ、スキル通りフィードは強力かつ正確なので、攻撃力の底上げになる。
連携が良く、かつ突破力のあるCFがいれば、アシストも稼げるだろう。

結論としてはトルドにかなり近い印象。
攻撃力と安定感はツェホ、ビッグセーブとPKはトルド。
この二人を使うと白のビッグセーブが「普通」に見えちゃいます^^;

近距離セーブ9 ミドルセーブ9 飛び出し6 フィード8 PK戦8 
ハイボール処理8 シュートブロック○ 安定感◎
Ruud的オススメ度★★★★★★★★★9


PageTop

逸★×2

今日は昼前から台原へ。

今日はエースがキレキレ。切れすぎて故障し大パニック。


つづきを表示

PageTop

記事数400突破記念

先ほどのサナの使用感にて今まで書いた記事数が400を突破しました。

というわけでそんなことを記念して(?)過去に挙げた選手からイチオシの選手を改めて紹介。


つづきを表示

PageTop

ロリック・サナ

数値 10・14・14・16・12・14・80

WCCF久々のアルバニアンのサナ。

数値的にタッキナルディに近いが、プレースタイルも似ている。
スピードの無さを優れたポジショニングと一瞬の出足の鋭さ、正確なタックルでカバー。

対人戦は正面から当たれれば不敗を誇り、激しくいってるように見えてファール無しで華麗に奪う。

中盤でのカバーはまずまず。スピード以上の期待は禁物だが、ポジショニングでなんとかする。

繋ぎはタッキナルディよりもさらにシンプル。決定的なラストパスやロングフィードは稀で
基本はトップ下か自分のいるサイドの選手。

CBでもじっと構えて放つ正確なタックルと空中戦でそこそこ働く。
アジャラがDFリーダーで十分な統率をしてたため、裏表記のライン統率は発揮されたか不明。

上背も結構あるためCKではしばしば攻守にターゲットになる。ヘッドは正確で威力もなかなか。

経験が溜まるまでは70分すぎでしんどくなるが、経験MAXではやはりポジショニングか
広く動かないからか90分問題なく持つ。

意外にも少しインターセプトは不安。というか自分のいるところ以外に飛ぶと取れない。

ポジショニングでカバーしきれなかったサイド突破などはあっさり許す傾向にあり、
足の遅さも相俟って抜かれてからの再奪取は難しい。

SPE対応力5 POW対応力8 パスカット6 カバーリング6 空中戦7
ショートパス6.5 ロングパス6 奪取力7 使いやすさ7
Ruud的オススメ度★★★★★★★7

オススメ起用ポジション:DH、CB



PageTop

小野伸二

数値16・10・18・12・13・13・82 SKILLベルベット・パス

04-05では唯一の日本人プレーヤー、小野伸二。
先日ブンデスリーガのボーフムへ移籍。早くも主力となりつつあります。

プレースタイルとしては少しファンタジスタっぽい。
気まぐれで、駄目な時は攻撃も守備もサッパリ。だが良いときは白の域を出る。

スキルのベルベットパスは正確に味方の足元、スペースに送られる。
小野の良い所は連携がなくとも通る優しい、正確なパスを送ること。
ミドルパスも速さこそ無いが正確で、視野も広いため、オーガナイザーとしてはかなり優秀。
またサイドから中央のスペースへ送るスルーパスは芸術品。
単純に抉るよりもその前に中央にラストパスをする傾向にあるので、ウインガーには向かない。

自ら仕事をすることも出来、飛び出しや流れのなかからの決定力は威力は無いが正確そのもの。
ゴール隅に決まるコントロール抜群のミドルも持ち、ダイレクトプレーも上手い。
速さは無いが持ち前テクを活かしたドリブル、キープもなかなか。
FK、CKは速くはないが精度は良く、蹴らせても問題ないレベル。

フィジカル的能力は低いが、DHで使えば当たらないタックルと数値以上の献身性でそこそこの守備。
さらに広い視野を存分に発揮した展開で攻撃にアクセントを加えるレジスタに変身。
とはいえ守備は本職の選手と比べるとかなり見劣りするため、あくまでも緊急時のオプションに。

やはり攻撃的な位置で多彩な攻撃を展開してほしい選手。
中村よりも「東洋のバッジョ」にふさわしいと思うけどなぁ。

ショートパス9 ロングパス8 決定力9 展開力8 プレッシング5 ダイレクトプレー7
突破力5 タックル耐久力5 ミドル威力6 スピード感5 使いやすさ7
Ruud的オススメ度★★★★★★★★8

オススメ起用ポジション:OH、SH(右)CH、DH


PageTop

次Ver.数値予想(4)~イケル・カシージャス~

今日は若くしてレアル、スペイン代表の正GKの座に着いたカシージャスの予想。
ブッフォンが排出されない次Ver.ではバージョン最強のGKになる可能性もありますが…



つづきを表示

PageTop

獲得。

今日はトレードのため元ホームの中山へ。
ドタキャン無く無事に済ませると、サテの方は闇+CC間近。これはチャンスとエントリー。

1回戦、相手はセルティック(グラスゴー・ブルース)。
DF陣が脆弱なため、中央からガンガン破る。
クライファートを出してみる余裕すらあり、しかもクライファートが結果を残す。
攻撃陣が2戦連続の爆発で3-1、4-0で勝利。
決勝はラツィオ(アクィロッティ・ローマ)。
オッドにロナウジーニョが封じられる(何で?)嫌な展開だったものの、
リヴァウドがロナウドにスルーパスを通し先制。
さらにリヴァウドのCKをジェラールがダイレクトボレーで蹴りこみ無難に勝利。

そしてCSC。相手はクラウンUtd。
FW陣には若干苦しめられたものの、オレゲールがラヴァを完封。

逆にこちらの攻撃陣が大爆発。
コクが裏へ抜けたガウショにスルーパスでまず1点。
ジェラールのロケットパスをリヴァウドがトラップするふりして一旦流してP.ネヴィルを振り切る。
というか完全にトラップしたように見えたけどボールは抜けてた。そんな動きもするんだ~。
そこからリヴァウドはダッシュでネヴィルを振り切り、スタムを弾き飛ばして
ロナウドへラストパス。ロナウドはあっさり得点。
またジェラールのパスにリヴァウドが抜け出して飛び出してきたバルテズを気にせずに
高速ドライブシュートを沈め、前半だけですでに3-0。
後半にもリヴァウドからロナウドへのスルーが通って1点追加。
ここでプジョルOUTでコウトIN。
シェバに案の定ケチョンケチョンにされそうになるも、レイナが踏ん張ってなんとか0封。
気がつけば完勝。うれしいけどまずいって。

続いてRL2節目。相手は「ラブルー・アンサンブ」・・・。
黒金軍団相手にチーム全体硬直。特にオレゲールは目の前のクロスをシカト。
それをトレゼゲに打たれるも、プジョルがブロック。
そこから3本連続でアンリCK→デシャンヘッド。これを全部レイナセーブ。
飛び出すだけではなかった模様。
それでも中盤より前にボールが行かず、結局またオレゲールがクロスに対して棒立ちになり、
ジズーに叩き込まれる。レイナ反応できず。飛び出せばよかったか?

3節目(6クレキャンペーン中だった)のヴィオラをボコるも、それでも7位。
ここからはRLは1回も負けられない展開に。
ただ首位との勝ち点差は4なので、なんとか巻き返したいところ。



PageTop

逸冠

好調を維持していたバルサ。
しかし黄金の少なさ(5本)が祟り、徐々に戦況は悪化・・・。


RL最終節。勝てば優勝。負ければ2位。相手はZFCジャパン。
「ごちそうさまです~w」と内心思ってたもの、柳沢が意味不明にキレキレ。
理由は簡単なこと。その前の試合のFMで6-0で勝っていたため、全体が硬直。
結局、1-1のドロー。しょうがないと切り替えた1節目で0-1で敗戦・・・。

その後FMで1本黄金を結び、臨んだCT。

1回戦ユナイテッドユーゴ。大っ嫌い(笑)
1stLEGは案の定スコアレスドロー。なんでサビチェが守備するの??
何とか2戦目を2-0で勝利し、まず初戦突破。
準決勝はキングマドリード。わーい(笑)
実はベガルタシンキチに勝ってきてくれての参戦。ありがたく頂く。
決勝はイエローカナリアン。の前に大問題。
LEコク引いちまった・・・。
はい。こんなときに引かないでください。いや~な展開。
怖いのでリバウドをトップ下に据えた4-3-1-2にしてみる。
で、試合開始。がんばったのは攻撃陣。
まずは右足のジンガがMVP理不尽突破炸裂させDFライン破壊。
シュートはジダに当たりバーに当たったものの、ダイレクトボレーでリバウドが叩き込む。
その後敵ロナウドに単独で4人(←このあたりでもう嫌な予感)抜かれ、前半は1-1。
敵の左SBがマクスウェルということにようやく気づき、後半は3TOPに。
すると後半20分、ロナウドのパスを受けたリーボが大暴走。中央右でボールを受けると
まずタッチ際に流れ、そこからエリア内に侵入してきて右足で決める。
そのまま逃げ切りを図った(つもりでいってたのは監督だけ)ものの、意図が伝わらず。
後半40分、アドリアーノとカカにプジョルが振り回される。
ゴール前25メートルでアドリが右足を一閃。
「右足でよかった~」・・・「新たなる怪物!アドリアーノ!」・・・「へ?」

GKがレイナでした。
ややフリーということもあり、そこそこ球足が速く、飛び出してナンボのレイナでは止まらず。
残念ながらPK戦に。(相手ジダなのに・・・)
レイナが2本止めたものの、プジョルを含めこちらは3本外してあえなくさようなら★。

もうちょっとまじめ連携線付けないとこれからは苦戦必至です。



PageTop

シルバン・ビルトール

数値18・8・15・14・17・15・87 SKILL ムービングストライカー

バティチームで問題児扱いされてたビルトール君。
両WG、CF、STで起用。

典型的ウインガーストライカーで、自らの仕掛けよりも裏でもらって点を取りに行くことが多い。
裏へ抜けてからの素早さと力強さはさすが黒なだけはある。

経験が溜まるまではまっすぐ突っ込んでスピードで交わすだけだが、経験が溜まると
ドリブルに力強さと軽やかさが加わり、最終的な突破力はなかなか。
さらに、意外にも器用なスルーパスやサイドチェンジも可能に。
さらにさらに(笑)、シュートも両足で強烈かつ正確に。

ただ、経験溜まるまでは結構しんどい。
突貫しては奪われ、突貫しては奪われのリピート。
ボディバランスも弱く、POW12くらいかと思わせる。

そこで打開策としてイチオシはCF(できれば2トップ)!
飛び出しは序盤から上手く、さすがにピッポとまでは行かないがFWとしてトップクラス。
中央なら決定力も危惧するほどでもなく、パサー次第では得点量産も。

我慢が必要ですが、開花させれば強力な戦力になる選手。一癖ある優良黒です。
バティとの2トップはカテナチオ82すらタコ殴りにしてくれました^^

決定力8 突破力7 空中戦6 ダイレクトプレー8 飛び出し9 スピード感8 ポストプレー5 
タックル耐久力6 シュート力7 クロス精度7 経験値依存度高 使いやすさ5 
Ruud的オススメ度★★★★★★★☆7.5

オススメ起用ポジション:CF、WG(右)


PageTop

こんな動きは見たことねぇ。

某アーティストの曲の一節より。

というわけで、すごい動きする変なフォメ(多重とかじゃなくて)のチームを模索してます。
今のところとってもオフェンシブなチームにしようと。

ほんでもってどんな感じかというと。
ちょっと前にやったパンディチームで何試合か、左サイドに2枚のWGを配置してました。
すると、めちゃめちゃ左からの攻撃が重厚というか、強烈なんですよね。
ビセンテが持ってってルケに渡してルケがカットインしてパス出してビセンテがクロス上げて。
「・・・これは使える・・・かもしれない・・・」
何度も攻撃的SB+ウインガーの組み合わせは試してますが、今回はそれをさらに強化(予定)。

でも、組み合わせが難しいんですよね。
少しバルサの活動のほうが落ち着いたら、新ICでその怪奇フォメを試そうかと。

ヒントとしては現在困ってる点を挙げると、
・守備範囲の広いDHがいないと絶対に動かない。
・守備範囲の広いCBがいないと守れない。
・CFがなんでもできないとシステムに対応できない。
・そもそもこのチームにどう連携を付けていいかわからない。
・このフォメをリアルで使ってるチームはどーしよーもなく(?)弱いプロヴィンチャのチーム。

ご期待ください。やっぱ期待しないでください。
期待されると立ち上げ前にやめてしまうので。

P.S.プロフィールを更新しました。
Ruudの一言は完全に自分で作った一言です。検索してもヒットしませんw。


PageTop

ちょっといじりました。

MF、FWの使用感の最後に「オススメ起用ポジション」を追加しました。

DF、GKについては今のところプレータイプ(カバー、ストッパー、地蔵、飛び出し)
あたりにしようと思ってますが、他にも募集中です。


追加してて思ったのですが、過去の使用感(特に06~07年前半のもの)について、
不満な部分や、今思ってるところと違う部分を多々発見したので、
大規模な書き換えを行おうと思います。


また、ストックもそこそこあったりするので、もしリクエストありましたらお気軽に。
特に今Ver.のマイナー選手、大募集です。


PageTop

次Ver数値予想(3)~ラウール・ゴンザレス~

今日はレアルのバンディエラ、ラウールの数値予想(LE)。
若い時代と今ではかなりタイプの違う選手になっていますが・・・。


つづきを表示

PageTop