FC2ブログ

WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

クリスティアン・キブ(05-06)

数値11・18・15・15・15・14・88 SKILL冴え渡るインターセプト
ローマからインテルへ移籍したキヴ。そんなにタイトル欲しいのか?
インテルではカンナですら不振になったてのに・・・。

04-05のSKILLがオールラウンド・ディフェンダーになってますが、その通り。
基本は前に出るストッパータイプですが柔軟性もそこそこ持ち合わせ、カバーも悪くない。
機動力の高さと当たり方の上手さが相まって、FWの体に当たりにいかないタックルで華麗に奪う。

奪ってからは素早くフィード。丁寧に味方のWGかトップ下あたりに通す。
決定的なロングパスよりも相手に奪われない安全なパスはDFとして理想の繋ぎ。
インターセプトもSKILL通りで、投げ出される左足は安易なロングパスは通させない
SBとしても活躍。揺さぶりにも強く、一度交わされてもぴったりついていくしつこさもある。
オーバーラップも頻繁。自らのアーリークロスよりWGと崩して決定機を作る。シュートも○。
前線でのしつこさも良く、立て続けにチャンスを作り出せる。
代表でプレーするボランチでも合格点。インターセプトはより活きる。奪取力も高い。
動き回るタイプだがスタミナの持つタイプで、どういうわけかSBで出ても1~2目盛り減程度。
PKの上手さはリアル通り。CBで出場していれば間違いなく決める。SB,DHでも8~9割。

ただ、欠点も。
最大の武器の高精度フィードは左足限定。というか左足でしか蹴ってくれない。
別にアウトサイドも下手ではないが、普通に蹴るのとではタイムラグも精度も雲泥の差。
空中戦や正面衝突するプレーはCBとしては高くないPOWが仇となる。


追記。
起用したバティチームではアジャラと黄金になってため、カバーとウェイトのバランスが絶妙で、
2人(+フレイ)が経験MAXになってからはまともに崩されての失点は皆無でした。
相棒だったWDFアジャラにも共通したことで、万能型CB×2の組み合わせは2人の連係が鍵?

一対一7 インターセプト8 クロス精度7 クロス頻度4 ショートパス精度9 空中戦5
パワー型対応力7 スピード型対応力8 展開力6 ユーティリティ性◎ 使いやすさ7
Ruud的オススメ度★★★★★★★7



スポンサーサイト

PageTop

アルベルト・ルケ(05-06)

数値 17・7・15・16・16・14・85 SKILL ショットオンエッジ

ウインガーなのか、CFなのかよく分からないFW、ルケ。前Ver.では黒で排出されました。
とりあえず両方で(3トップ左WG、CF)起用しました。

まずウイングエリアでの突破力がえげつないです。
プレースタイルとして裏へ抜けるよりDFの前で受けることを好み、DFへ真っ向勝負を挑む。
POW16以上のボディバランス(18かそれ以上?)を持ち、軽いDFは
軽く弾き飛ばします。ウェアが白くなったみたいです。
SPE16はウインガーとしては並ですが、POWもあるので抜いた奪われることは皆無。
そんでもって左足のシュート力もかなりのレベルです。まさに白いウェア(言いすぎ?)です。
アシスト能力も素晴らしく、クロス、FK、CKも高速、かつ正確。今Ver白最強の左WGでしょう。

ここまでは恐ろしいまでに優良白ですが、それなりに欠点もあります。
まず、右足のシュート。なんでレフティはこんなにまで右がイマイチなんでしょうか?
経験が溜まれば一対一なら無難なレベルにはなりますが、左とは雲泥の差。
そしてスタミナ。左サイドを意識して使うと前半でもうバテバテです。
CFとしての適正はなかなか。ただ、ドリブルが遅くなってしまうので、
パワー型のDFにはあっさり奪われることもしばしば。

しかし、欠点を意識する必要がないほどの能力を持つ超超優良ウインガーです。
これから今Ver.中ずっと使われるでしょうね・・・。

突破力10 決定力9 シュート力9.5 クロス精度8 パス精度7
抜け出し5 スピード感7(CFでは4) 使いやすさ6
Ruud的オススメ度★★★★★★★★★★10

オススメ起用ポジション:WG(左)、CF



PageTop

新フォメ?

今日もバルサでちびちびと。

最初のFM。相手はウンプリア・グリフォン。
苦手意識もないので、バルサらしいこんなフォメを試してみることに。
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓
┃□┃□┗━⑪━┛□┃□┃
┃□┃□□□□□□□┃□┃
┃□┗━━━━━━━⑨□┃
┃⑩□□□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■■■┃
┃■■⑦■■■■■⑧■■┃
┣━━━━━━━━━━━┫
┃■⑤■■■⑥■■■②■┃
┃■■■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□④□③□□□□┃
┃□┏━━━━━━━┓□┃
┃□┃□□□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛

SBが上がって、イケイケな時のバルサ。守備はいつにも増してプジョル頼み。
幸いなことに中田をエジミウソンが封じ、ラパイッチもライツィハーとプジョルで遮断。
気がつけば5-0の勝利。
でも、調子乗ってそのまま望んだRL2最終節で浦和に苦しめられる。
前半だけで4本シュートを打たれ、さすがにまずいので4バックに戻す。
その後もなんだかな~といった印象の動き。1-0の辛勝にRL1に多大な不安を残す。
FMとRL1(1-1ドロー^^;)をこなした後、一度休憩。

少ししてから、1試合RLを勝ちきってKCCに。
すいすいと勝ち上がり、決勝は対人に。何気に対人はまだ任期4試合目。
フォメは4-2-1-2-1(?)の3トップ。のE-。の連携無視5R。なんか終盤は4トップになってたような。
トップはニステルとかシェバとかアンリとかボボとかシセとか(いっぱい出てきた)。
まあ試合のほうはガウショのグラウンダークロスをリヴァウドがぶち込み、
リヴァウドのスルーパスにロナウドが反応して流し込み。リヴァウド大活躍。キレキレ。
NSCもリヴァウドが相手のゴールキックを吸収してそのまま突破して決勝点。

とりあえず下級タイトル戦を全部獲ったのでそろそろ連携も気をつけていこうかと。
ロニーとロニー(笑)がなかなかシンクロしてくれません。


PageTop

新チーム名は………

迷ったんですが……


「モンジュニキヲツケロ(もんじゅに気を付けろ)」にしました笑

アーセナル関係な名前でも良かったんですがいいの思い浮かばなかったというのとどうせならインパクト残せるような名前がいいと思ってこれにしました。

由来は……秘密としておきます。笑


さて早速立ち上げ。予想通り動きが重く試合にならない。
しかも今日中山でクレサービスをやっていたため小中学生がやたら多いんですよ。
よってRL・FMで悉く対人(笑)しかも真っ黒黒。

補正の影響もあってか勝ったり負けたりでした。一回隣に4-0で負けたときは
リアルにヘコみました(次の試合でキッチリ借り返しましたけど)。


15クレ蹴って8勝4敗3分と絶好調とは程遠いスタートとなりましたが、
気長にやっていこうと思います。


つづきを表示

PageTop

さらばヤルタカラマルタヘ

タイトルの通りついに1stチーム「ヤルタカラマルタヘ」を辞任することにしました。

今日もLC1回戦で敗退、その後のFMマンUに引き分けた時点で決意しました。




そして新チームですが………ズバリアーセナル縛りで行きます!!!
アンリ・ベルカンプ・ピレス・リュングベリが織り成す「ムービング・フットボール」……
楽しみすぎます。早く動かしたくて堪りません笑


目標は前と同じく……といいたいところですが今回U5R構成のためLCは諦めます。その代わりRuudのバルサにCL決勝のリベンジを果たしたいと思います笑

後々フォメ板に張る予定ですのでよろしければどうぞご覧ください。


PageTop

ダブり

今日はFMを消化した後、たまたまあったEPCに獲得済みだけど気分で出場。

サテには一人いたものの、獲得済なのか出場せず。

余裕の一人旅だと思ったものの…

初戦はブラックパンサー浪花。
稲本が異様に良く動き、攻撃シャットアウトに展開に大活躍。
今日はプジョルがめちゃめちゃ動いたのでなんとかエムボマを遮断。PKに。
いきなりスタミナ残ってるロナウドが外して驚いたが、レイナが踏ん張って勝利。

続いてアマラント・トスカーナ。
2人のルカレッリになんか苦戦するも、前半にコクーガウショでぶち抜き、
後半にリバウド-ロナウドのホットラインで1点とり、とりあえず勝利。
しかしこの試合で右CHのジェラール、ボメルが破壊され、決勝も欠場することに。

決勝はグリーンパウリスタ。
しかたないのでロナウド1トップでガウショ、リバウド、ガルシアを並べた4-2-3-1で臨む。
開始さっさとロナウドで先制するも、中盤でボールをとられる苦し~い展開。
オレゲールの裏を取ったゴデアスにキャノンシュートを決められる。
それでもロナウド頑張って突き抜け、しっかり決めて勝利。
見事(?)にEPCダブらせました。

ジェラールが心配です。いないと中盤が機能しない…


PageTop

ファン・セバスチャン・ベーロン(05-06)

数値 15・10・19・17・12・15・88 SKILL敵陣を縫うドリブル

3回の排出で毎回名前が微妙に変わるベロンです。
またイタリアに戻ってくる話もありましたが…どうなんでしょう?

中盤の全てのポジションで起用してみました。

典型的司令塔で、「俺は動かない。お前らが走れ」的なプレーが身上。

やはり最大の武器は右足から繰り出されるロングパス。
右サイドから一気に左WGに通すサイドチェンジはゲームの流れを変える。
ロングパスのみならずスルーパスや堅実な繋ぎの技も確か。
起用位置、FW次第ではかなりのアシストを稼ぐこともできる。
キック力、精度の活きるFK、CKも得意とする。

また意外なタイミングで飛び出すドリブルもスキル通り。決定機を作れるほどではないが、
球離れのタイミングもほどほどに良く、パス能力とあいまって攻撃のアクセントに。
ミドルの威力もあり、たまに独力でゴールを奪うことも(稀ではある)。
自分でFWを追い越す動きはほぼ皆無。というよりプレーに追いつけない。

守備はDEFとSPE数値を考えれば十分合格点。
意外にも献身性もそこそこあり、相棒次第では中盤守備は壊れはしない。
でも穴が開くのでやっぱりDHでは使いづらい。

また、今のROMではロングパス(サイドチェンジ)が通りにくくなっていて、
なかなか輝かないのも残念。

クレスポやカンビアッソと二重丸の特殊があり、他にもアルゼンチン連携は多いため、
アルゼンチン縛り(特にちょい前)を作るときには司令塔にオススメ。

ロングパス10 ショートパス9 展開力10 決定力8 CKFK○ 奪取力6
対スピード型対応力4 対パワー型対応力7 インターセプト5 ユーティリティ性△~○
Ruud的オススメ度★★★★★★★7

オススメ起用ポジション:CH(両)、OH



PageTop

次Ver数値予想(2)~デイビッド・ベッカム~

今日はベッカム編。
相方のギグスは高数値でLEとして排出されましたが・・・。



つづきを表示

PageTop

カタルーニャの唄

バルサ、楽しいです。
3Rが動き回り、プジョルが中心になんとか守り抜く。まさにバルサ。
現在のチーム貢献度をWSK的に表すと・・・



つづきを表示

PageTop

ティミー・シモンズ

数値9・15・12・16・13・17・82 SKILL飛び出しを封じる動き

以前見た雑誌で、「プロとしてのキャリアでPKを外したことがない」と豪語していた
シモンズ。さて我がチームでは・・・。

2ボランチ左右、3ハーフアンカー、CBとしても少々起用しました。

安定した守備力はいい意味で計算しやすい。
バランスのとれた数値の通り、DHとしての守備力は一通り備えている。
ポジショニングがいいのか、穴を空けることは少ない。
当たり負けも少なく、インターセプトや空中戦もそこそこ以上。

CBとしても的確なディフェンスを見せ、いざというときに役立つ。
STAも高いので、安定して1試合起用できるのも長所。

一方、攻撃力には疑問符。
決定的なパスを狙いたがるのか、時折持ったまま上がっていくきらいがある。
ドリブル能力は低く、突破の期待はできない。
パスの方もDHとしては中の下程度で、出来れば近くの味方に預けて欲しい・・・。
ロングパスを好み、球足は並なので、CF次第ではそこそこのアシストを稼ぐ。

紹介文にもあるPKだが、確かになかなか決める。だがたまに外す。
それでもPK戦で重要なタイミングでキッカーを預けるには十分。

SPE対応力6 POW対応力7 パスカット6 カバーリング7 空中戦6
ショートパス6 ロングパス6 奪取力7 PK○ 使いやすさ7
Ruud的オススメ度★★★★★★★☆7.5

オススメ起用ポジション:DH



PageTop

エルナン・クレスポ(02-03)(04-05)(05-06)

数値
02-03 20・6・16・17・14・15・88 SKILL荒鷲のような飛び出し
04-05 19・6・17・17・14・14・87 SKILL瞬間のイマジネーション
05-06 19・7・16・17・14・14・87 SKILL蛇行する飛び出し

毎回異なるクラブの選手として排出される変わり種の荒鷲。
06-07ではようやくインテル2回目の排出になります。

まず共通の部分。
鋭いゴールへの嗅覚を持ち、裏への抜け出しやクロスへの合わせは非常に上手い。
足は速くないものの、タイミングの良い飛び出しと高いパワーで抜ければ確実に決める。
頭・足ともに決定力が高く、無理な体勢からのシュート力も抜群。
長いアーリークロスをエリア外から合わせてゴールに突き刺したことも。
ポストプレーも巧み。裏を狙うウィンガーへパスを送ったり、2トップの相棒へはたいたり。
足元へ送るパスが多く、パス精度もCFとしては高い部類。
味方を使い、味方に使われる、連携がカギのストライカー。

続いてバージョン毎の異なる点。
02-03 起用した3枚のなかで最もストライカー色の強いクレスポ。
ポストより自らもって行くことを好み、裏への意識やシュートレンジも他より一回り上。
ちなみに特殊実況が「バルダニート」
04-05 TECが1UPして17になったが、特に目立った変化は無く。
STAが1下がったものの瞬間芸で勝負するようになったため、それほど気にならない。
飛び出しの意識は高め。ポストの意識は3枚で中間。
05-06 ポストプレーを好むクレスポ。低めでもらうことも多い。
ドリブルが蛇行することが多く、抜け出しても稀に追いつかれる。
動きの幅が広いためかスタミナの消耗がやや早い。

決定力9 突破力6 空中戦9 ダイレクトプレー9 抜け出し7 ポストプレー8 
タックル耐久力7 シュート力8.5 経験値依存度低 使いやすさ8
Ruud的オススメ度★★★★★★★7

オススメ起用ポジション:CF



PageTop

怪物+Wジンガ

ロナウド大丈夫でしょうか?今季開幕前は得点王候補にも挙げられてたのに・・・。

’02日韓ワールドカップ。フランスのときはロクに見てなかったRuudに
一番の驚きと感動を与えてくれたのがロナウドとリバウドでした。
今でもRuudの最も好きなサッカー選手の一人です。ウイイレでよくこき使いましたw。

ミランに来てからのロニーは頑張ってた。汚名返上したかったんでしょう。
でも、その努力に自らの傷ついた体をギリギリに追い詰めてしまいました。
復帰して欲しいですが、もういいかな、とも思います。

んなわけで、突然こんな事故があったので、ロナウドを使ったバルサを
繰り上げて今日、立ち上げてきました(パンディアーニは一時辞任。ごめんね)。

┏━┳━┳━━━┳━┳━┓⑯クライファート(05-06)
┃□┃□┗━⑪━┛□┃□┃⑮ルイス・ガルシア(04-05)
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭ファン・ボメル(05-06)
┃□┗━━━━━━━┛□┃⑬エジミウソン(05-06)
┃□⑩□□□□□□□⑨□┃⑫コウト(02-03)入手次第0102
┃■■■■■■■■■■■┃⑪ロナウド(BS)
┃■■■■■■■■■■■┃⑩ロナウジーニョ(EMVP)
┣━━⑦━━━━━⑧━━┫⑨リヴァウド(IS)
┃■■■■■■■■■■■┃⑧ジェラール
┃■■■■■⑥■■■■■┃⑦コク(LE)
┃□⑤□□□□□□□②□┃⑥「兄」トゥーレ(04-05)
┃□□□□④□③□□□□┃⑤アビダル
┃□┏━━━━━━━┓□┃④オレゲール(05-06)
┃□┃□□□□□□□┃□┃③プジョル(BAN)
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃②ライツィハー
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛①レイナ

DFラインを上げて、積極的プレッシングとプジョルのオフサイドトラップに賭けます。
トゥーレですが、DFで使わないという条件で投入します。弟はDHですから。
3Rはそれぞれのコンビネーションで中央を破るため利き足と逆サイドに配置。
両STは以前挫折した経験を持っていたのですが・・・
Image044.jpg

まずまず好調です。RLは3試合連続4-0勝利でした。念願(?)のRL2優勝を果たせそうです。
EPCにも挑戦しましたが○→△→○で獲得(コウト使ったらコウトのところをいじめられ1引分)
不安だった両STですが、ほぼ問題なく使いこなしてる(動いてくれてる)感じです。
リバウドは⑨のポジションだと裏を狙ったり、低い位置で受けてスルーパス。
なんで前回はダメだったんでしょう?
一方Eロナウジーニョですが、まあ相変わらずのジコチューです。
しかし、DFの真正面に突っ込んでブチ破ってしまうあたり、「さすが」ですね。
また、多くのサイトで言われている通り、MVPロナウジーニョに全点灯は有効ですね。
何気にFMで2分けしたのが痛いですが、負けなかっただけマシかと。
ちなみに我がロニーは怪我してすぐ帰ってきました。偉いです。


PageTop

到達

20万HITを突破しました。
1日のアクセスが10人ほどで苦心して使用感を書いてたころが懐かしいです。
しかし選手一人一人にかける思いは今も変わっていません。
むしろ使用感のクォリティは上がってる感もあります(自信過剰?)。
これからもどこよりも良質(と自負する)な選手使用感を紹介していきますので、
今後ともよろしくお願いしますm(。。)m

P.S.次のキラプレは未定ですが、25万or30万HITで企画してます。
今回はないです。申し訳ありません。。。


PageTop

燃えます。

Dennisに完敗したRuudです(泣)
完成してるDennisのチームに当たるには早すぎました・・・。
というかここ5試合ほど、Dennisに勝ってません。相性悪いなぁ。

パンディはやはり空砲が目立ちます。アイマールも一時よりキレてない印象です。
不調が続くと、イライラして挫けそうです。。。

それはさておき、Dennisの弟も同じホームでWCCFをしていることを昨日知りました。
チーム名を見ると一度試合した記憶があったのですが、チーム名(バルサとつく)と関係ない
選手が多いので、モチベダウンした記憶でした(無論、勝ちました)。
Dennisが一時多重を使ってたことがあってか、勝てないからか、極度に多重でした。
6-0-4。う~ん。これってどうよ?
ツッコミそうでしたが、Dennisの育ってない2ndに負けてましたw。
でもLC獲ってました(Ruudは不参加)。よくわかりません。
でも、なんか叩きたい気分です(武力行使はしません)。

というわけで、次はバルサ在籍選手選抜をやってみようかと。
ずっとやろうと思ってて、いい機会なので。
本気で組みますよ。たぶん。


ところで、ヤヤ・トゥーレがいないので、妥協して兄を入れようかと考え中です。
ポジションこそ違えど、兄弟ですから。プレーも似てるでしょう(テキトーだな)。
もちろんポジションはアンカーで使います。


PageTop

最近

慢性的なスランプに陥っています。

主な原因として、①WGの突破力低下、②両ボランチのたまにある棒立ち、③DFラインが簡単に抜かれるなどなど……


全く勝てないというわけではないにしろ(実際Ruudに勝てましたし笑)、ここ一番というか大事な試合を悉く落とします。前まできっちり勝ってきてたのに…

暗い闇の中にいる我が1stチームを尻目に、2ndチームはようやく調子に乗れてきました。

メッシがドリブルキレキレで期待出来ます。シェバもだんだんと点を重ねるようになってきました(もっとも最初はヒドいなんてもんじゃありませんでしたが)。

1stも見習って欲しいものです。


PageTop

WCCF脳

たまに陥ります。WCCF脳。
WCCF以外のことが考えられなくなります。周りの音が(ほとんど)聞こえなくなります。
このブログにいくらでも投稿します。
グループ連携、特殊連携が異常なまでに思い出せます。
選手の特徴、プレースタイルが気持ち悪いくらい詳細まで思い出せます。
脳内チームがやたら無駄に出来上がります。
勝手に脳内試合を始めます。
一番面白い試合をしそうなチームがNEXTチームとなります。
それでできたチームはまずまず以上に強いです。(例:バティ、パンディ)

今日はWCCF脳の日みたいです。
立ち上げてすぐにこれになるとすごく困ります(笑)。
しかし、脳内でMガウショとリバウドのFK能力の比較で事故ってます・・・。
リバウドの方が上手いと思うんですが(少なくともリアルでは)。
でもMVPは特別な気がして(トッティは結構FKに差がある気がする)。


PageTop

ちょっとこれは

小野ってやっぱり凄いんでしょうか?
ドイツ行ってからキレキレですよ。フェイエ時代を思い起こさせます。
サブでまだ50分ほどしか出てないのに3点演出って。
しかも2アシストはブレーメン相手ですよ。いきなり節ベストイレブンですよ。

・・・興奮してしまいましたが、これはやっぱり小野は小野ということですね。
ドイツならイタリアみたいなプレスは来ないので、小野活きまくりです。

しかも弱小ボーフムなら、王様小野体制で小野のびのび。
レギュラーも時間の問題でしょう。怪我がなければ。怪我が・・・怖い。
攻撃面での数字からいえば今シーズン前半の高原をすでに越えた感が(笑)

代表では中村とポジションを争うことになりそうですが、中村セルティック同様、
ボーフムで絶対的存在になって・・・夏にスペイン挑戦してほしいです(笑)。


PageTop

オバフェミ・マルティンス(05-06)

数値 16・5・13・14・20・14・82 SKILL スカイハイ

サッカー界最速スプリンター、マルティンス。
インテルからニューカッスルへ移籍して活躍中です。

WCCF内でもそのスピードは健在で、DFとの追っ掛けっこで負けることは皆無。
裏へ抜ければこっちのもの。DFの追いつけない速さでゴールへ一直線。

ウイングに配置しても基本同じプレースタイル。DFの横を最高速で摺り抜け、
クロスやフィニッシュに持ち込む。

シュート精度、シュート力は白としてはまずまずのレベル。
背が低く、頭での空中戦は苦手なものの、足でのボレーを吹かすことは滅多にない。

ただ、気になるのはSPE以外の能力(特にTEC)。

自分で仕掛けたがる傾向にあり、脇目も振らずサイドを疾走する姿は頼もしいのですが、
テクニックがなく、なまじ足が速いので、ドリブルのタッチがバカデカい。
パワーもそれほどでないので、一級のDF相手にサイドを何度もえぐるのは難しい。
ライン際でフェイントを仕掛けてタッチを割ることは日常茶飯事。

パスにもお粗末なところがあり、連携線がつかないとクロスは受け手の能力に依存する。
裏への飛び出しの意識も日によって異なり、せっかくの裏へのパスに反応しないことも。
ただ、多少プレーが遅れても加速力、最高速度でカバーしてしまうのがすごいところ。
白カード唯一のSPE20ですし、戦術のアクセントとしてベンチに1枚入れておきたいです。

決定力7 突破力6 空中戦6 ダイレクトプレー8 飛び出し6 ポストプレー4 
タックル耐久力5 シュート力7 経験値依存度中 使いやすさ5 足の速さ神
Ruud的オススメ度★★★★★★6

オススメ起用ポジション:CF、WG(左)



PageTop

ライフル+

パンディアーニチームですが、まずまずです。
守備陣がアレでまだ引き分けが非常に多いですが、チェコのビッグジャイアントが
獅子奮迅の大活躍で、攻撃を食い止めてます。

RL2は3勝無敗4分けと意味不明な勝ちきれなさで昇格を決める。
ところが、そんな微妙なチームに襲い掛かるRL1のスケジュールは・・・
第1節ミラクル・ブラウグラナ
第2節ロッソ・ネロ90s
第3節オーロラ・バイキングス

・・・降格しろと?

と思ってたら○→△→○
ビセンテのキレが奇妙です。サイドを切り裂いたかと思ったらスルーパス出したり。
一人ずつ丁寧に交わすタイプではないですが、混戦をインサイド・アウトサイドカットで
2~3にんぶち抜きます。「左サイドの稲妻」に恥じない活躍!
パンディアーニに楽させてます。ぶっちぎりでアシスト王独走中です。
本来アシスト王になると思われたアイマールは、アシストのアシストに徹してます。
そのおかげで経験がたまりません。が、時折キラーパスも見せてます。
タイトルはまだ下級のみですが、今回はまずまずいい成績を残せそうです。

今日の出来事。
右CHで出ていたチアゴが敵SBからボールを奪いパクチソンに縦パス発進!ズドーン!
本来よりも高々と打ち上げられたパスはパッと見飛距離40mはあろうかというミスパス。
だが・・・パスは急降下し、裏に抜けたパクチソンの足元にピタリ。
ドライブパスです。あれは絶対にドライブです。
チアゴはミドルでドライブシュートを打てるので、能力的にはありえますが。
Ruudは初体験ですw。
レーザーパス、ビッグアーチ、そして今回のドライブパス。
まだまだすごいパスがあるかもしれません。

みなさん、ドライブ等、なかなか見られないパス軌道の情報ありましたら、是非!


PageTop

今から・・・

気になってたWSKを買ってきます。
WCCF関係の付録がつかない限り普段は買わないのですが、
今後WCCF選手間にも応用できそうなので、異例の購入を決断。
一通り熟読したらWCCF論に加えたいです(笑)。


PageTop

次Ver数値予想(1)~ロベルト・カルロス~

さて、WCCF06-07で排出される(だろう)LEロベカルの数値予想をします。
WCCFの過去排出カードの数値を見て、数値を「当てに」行きます。


つづきを表示

PageTop

日本VSタイ

1日遅れ。

まあ監督交代3試合目としては上出来では?
1点取られたのはしょうがない。あのミドルにはビックリ。

個人的に輝いてたと思う選手 大久保 中澤 山瀬
大久保は日本に帰ってきて成長した印象。MFをこなして頭を使えるようになった。
山瀬は海外組が戻ってきても楽しみな印象。ミドルの破壊力は随一。

逆に思ったより悪かった選手 鈴木 遠藤 内田
鈴木に1ボランチは酷なのか?中盤に穴開いてた。肝心な時にいないような・・・。
内田のオーバーラップは積極的だけど加地と比べて機能してない。やっぱ若いのね。
遠藤は正直何が良かったのかRuudには不明。
FKだって無駄に壁増やしてタイが自滅したも同然だし、CKもGKキャッチできるボール。

岡ちゃんですが、采配にミスもなく。
実力差のある相手に対して前半同点でも動じることなく(動じてたらアホですがw)
投入した選手もそれなりに見せ場を作り。あとは海外組をどう入れるか。
ちなみにアレックスはもう復帰しないの?

個人的選出 現状での日本代表↓
┏━┳━┳━━━┳━┳━┓
┃□┃□┗⑩━━┛□┃□┃⑪大久保(佐藤寿)
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑩高原(巻)
┃□┗━━━━━━⑪┛□┃⑨松井(三都主)
┃□□□□□□□□□□□┃⑧中村俊(小野)
┃■⑨■■■■■■■■■┃⑦稲本(遠藤)
┃■■■■■■■⑧■■■┃⑥阿部(鈴木)
┃■■■■■■■■■■■┃⑤駒野(中田)
┣━━━━━━━━━━━┫④中澤
┃■■■⑦■■■■■■■┃③坪井(中田)
┃■■■■■■⑥■■■■┃②加地(内田)
┃□□□□□□□□□□□┃①川口(楢崎)
┃□□□□□□□□□□□┃
┃□⑤━━④━③━━②□┃
┃□┃□□□□□□□┃□┃
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛
寿人はもう呼ばれないかも・・・



PageTop

セバスチャン・フレイ(IS)

数値7・18・10・17・14・12・78 SKILL驚異的な反応
カテナチオの国イタリアのトップリーグで最高クラスのGKと称されるフレイ。
今のうちにもう1度排出して欲しいのですが・・・。

優良白だった01-02よりもさらに一回りパワーアップした印象。
飛び出しはさらに速く、セービングもさらにド派手に。
課題のミドルのセービングも改善され、ミスも格段と少ない。
クロスへの対処もうまく、低速クロスなら易々キャッチ。高速でも何とか弾き出す。
PKの強さも相変わらず。安定して2本止める実力を持つ。

唯一の弱点と言えば、トップレベルのGKと比べるとフィードは下手。
しかし守備力においては決定的な欠点もなく、ここまで使われてないのは・・・

Lにブッフォンがいるからか(笑)

フランス縛りやヴィオラ、パルマ縛りでどうぞ。使えます。
近距離セーブ10 ミドルセーブ7 飛び出し9 フィード5 PK戦9
Ruud的オススメ度★★★★★★★★8


PageTop

こんなんどうでしょ?

07-08でこんなカードが排出されたらいいな、と思いました。
「LE,ATLE黒カード」
まあそのまんまですが、クラブで結果を残した選手で、LE,ATLEにするか微妙(失礼!)な
昔の選手などを排出してはどうかな?と。
02-03の2.0時代のLE,ATLEの選手みたいな面白い人選が欲しいです。
ミヤトビッチとか、バルサのサビオラとかオーフェルマルスとか(みんなキラでいいかも)。
もっといますね。レコバもw

「TSの復活」
TSトッティ欲しいです。。

「WSB~ワールドクラス・サイドバック~」
DFは分けるべきでしょう。キラ引いて凹むことも増えますがw。
SBは光当たらなすぎです。でもロベカルがLEより先にここに入るからやっぱだめ?



PageTop

ルイ・コスタ(IS)

数値16・11・19・14・14・15 SKILL妙なる調べ
今期限りで引退するルイコスタ。
高いパスセンスを持ちヴィオラでのバティとは最高のコンビネーションを見せました。

なんといってもやはり特筆すべきはパスセンス。
広角にパスを送ることができ、取れそうで取れない相手には嫌なパスを多く出す。
高速パス、アーリークロス、スルーパス等バリエーションも豊富で、使っていて楽しい。

経験の溜まらないうちからパスセンスを見せ付けてくれるが、
真骨頂は経験が溜まってから見せる自身の攻撃参加。
FWを追い越す動きとテクったドリブルで自らシュートを狙う姿はまさにマヌー。
ハマった時のドリブルはスピードはないもののテクでスルスル抜いていく。

前線での守備はトップ下としては及第点。
中盤底ではレジスタとしても機能するレベルの守備をする。

欠点としては、いいパスを選んで出したがるので時々持ったまま自分で上がる点。
攻撃的なサッカーをする人には喜ばれるので、これは人次第(Ruudは好きです)。
ミドルシュートはなかなかで、決定力も高いのですが、ダイレクトはイマイチ。
FWを追い越してもクロスを決めきれないことも。

どんなチームのトップ下もOKですが、輝かせるならやはり2トップでしょうか。
スルーパスと自らの飛び出し両方活かせるのでいい感じです。

ショートパス9 ロングパス8 決定力9 展開力8 プレッシング6 ダイレクトプレー4
突破力6 タックル耐久力5 ミドル威力7.5 スピード感5 使いやすさ8
Ruud的オススメ度★★★★★★★★☆8.5

オススメ起用ポジション:OH



PageTop