FC2ブログ

WCCFに魅せられて

ここではアーケードゲームWCCFを中心にリアル財政難に常に苦しむRuud+Dennisが語っていきます。超特急で使用感アップ中。200枚まであと少し!

シャビ・アロンソ(05-06)

バスクが生んだ芸術家、シャビ・アロンソ
4-3-3の左CMFで使用しました。
経験がたまらないうちは使うのにとても苦労しました。ほとんど特長がないんです!
最初の時期以外はほとんどベンチ生活でした。

でも経験がたまると自陣深い位置からでも逆サイドまで届くロングパスを送ります。
でもしっかり連携のいい相手が前線にいないとなかなか届かない、
届いても前でカットされてしまいます。
結構苦労させられました。
奪取力6 運動量6 カバーリング5 パス7・5 スピード感6 展開力8 使い易さ5・5
Paolo的お勧め度★★★☆3・5

オススメ起用ポジション:CH

スポンサーサイト

PageTop

BANDIERA

いってきました。実は年内は行く予定なかったんですが・・・思い切っていったのですが正解でした。
BANトッティをゲットしました!これだけで行った甲斐がありました。
戦績は3勝1敗1分け。レギュラーリーグで勝てなかったのが悔しいです。
次回もがんばります!

PageTop

デニス・ベルカンプ(CRA)

LE持ってないんで(笑)
右ST、右OH、CFとして起用。どれでもしっかりとフィットした印象。
OHなら状況に応じてさまざまなパスを正確に送り、
CFならゴールまで細かくドリブルして正確なシュート。
SPE13でドリブルもかなりゆっくりなのにとられない。見ててとっても面白い。相手くやしいだろうに。
けどなんといってもオススメはST。OH、CFどちらの動きもしてくれる。
DFが突っ込んできたときに突如繰り出すトラップはもはや芸術。見ててなんか楽しくなっちゃう。
CRAの数値84でこれだけ強いんだからLEは・・・
パス9 決定力9 パワープレー8 ダイレクトプレー8
スピード感3 突破力8 シュート力5 パーフェクトトラップ
Ruud的オススメ度★★★★★★★★☆8.5

オススメ起用ポジション:ST(2トップ)、CF、OH

PageTop

もしVer.更新されたら(4)

噂によるとVer.更新によるATLE登場もあるとかないとか。
今日はATLEで出そうな(出てほしい)選手を。
出そうな選手
ATLE R・バッジョ(ユーベ)
19 06 20 14 16 14 89 蒼の宝(アズーリの宝)
ATLE ガブリエル・バティストゥータ(ローマ)
20 05 14 20 15 14 88 ライオン・キング
ATLE ロイ・キーン(マンU)
13 16 14 17 14 18 92 闘争するキャプテンシー
ATLE アメデオ・カルボーニ(バレンシア)
13 16 14 15 15 16 89 高級ワイン
出てほしい選手
ATLE エンツォ・フランチェスコリ(マルセイユ)
18 06 20 15 17 15 91 ファンタジスタの系譜
ATLE マルコ・ファン・バステン(ミラン)
20 07 18 18 17 14 94 完璧なる資質
ATLE 中田英寿(ローマ)
17 11 18 16 13 16 91 日出ずる国の天子
ATLE ディエゴ・マラドーナ(バルサ)
20 05 20 15 20 14 94 レジェンドメーカー

PageTop

シモーネ・ペロッタ(05-06)

イタリア代表でも不可欠、万能型MFへと成長した男、ペロッタ
右CMF、ボランチ、トップ下として使用しました。

代名詞といってもいいほどのプレスを前からバンバン仕掛けてくれます。
ディフェンスよりオフェンス値のほうが高いですが、プレースタイルはやはりディフェンス重視です。
オーバーラップもたまに見せてくれますが、味方につなぎはしますが
決定的なパスもあまり出せず、結局ゴールも決めてくれませんでした。
ディフェンス的ですが、前からプレスを仕掛けるのでパートナーはよく考えて決めてくださいね。
奪取力7・5 運動量9 カバーリング5 パス7 スピード感6・5 展開力6・5 使い易さ6
Paolo的お勧め度★★★★★★★7

オススメ起用ポジション:CH、DH、OH

PageTop

ジブリル・シセ

スピード型最強白FWの地位を確立したシセ。
彼の相棒は、ヘッドがうまくないので2トップのもう1枚か
スピードを生かした抜け出しを狙えるトップ下がいいかと。
今日はFW、MFから黒白1枚ずつ。
まずFW。
一人は同じフランスから、トレゼゲを。
シセの苦手な空中戦に強く、ダイレクトプレーの精度もピカ1。
以外に抜け出しもできるので、オススメです。
もう一人はフレッジ。
何でもできる万能FWな上に、連携も最高。
決定力もあるのでシセがはずしたこぼれ玉もカバーできるかと。
次にMF。
黒からはファンデルファールト。
足元へもスルーもどちらも出せる天才パサー。
STとしても起用できるのも○。
白はイニエスタ。
トップ下でもセンターでも上質のパスを出せ、
展開力にも優れる。
ただ当たりへの弱さがあるためその点は要注意。

PageTop

誕生日

前に書いたけど、実は今日が誕生日でした。
で・・・


行っちゃいました!

ほんとに全員絶好調でした。真っ赤っ赤。
でも試合をやるたびにみんな下がっていきました(当然か)。
でも結果は悪かったです。今まで新チームにしてから最悪かも。キラも出なかったし。

次回に期待。

PageTop

誰か!

まだ任期半分ってところなのにRuudの頭の中では
すでに次チームの構想が・・・(笑
コンセプトは「√の√による√のためのチームplus日本人」
で、今足りない選手がエシアンと白クライフェルト。
だれかダブってる人でくれる心優しき方いませんか?

PageTop

誕生日

実はPaolo、もうすぐ誕生日。
WCCFは誕生日にやると全員モチベーション最高潮になるのだそうで。でも当日はいけなさそう・・・平日だしね。
このサイトに来てる人で誕生日に言ったことある人はいるのかな?

PageTop

昨日Paoloと久々に一緒に行ってました。
チームのほうは普通といえば普通なんだけど、
なんか弱い。勝ち方がヘボい。
BANプジョル入ってから今ひとつ守備が弱い。
なんで??
綺羅もでず。
さらにショックなのが隣のPaoloが
BANジェラードGET。
とても悔しい
まだBAN自力で当ててないのに・・・。

PageTop

Paolo的リオ・ファーディナント(04-05黒)

Ruudが書いたんでPaoloの視点からも。
やはりスピードが遅い、遅い。今まで使ったCBの中で最悪。パワーは合格点の域にあるが、もっといいやつもいるので却下。DF値20のかけらもなし。(言い過ぎでしょうか・・・)
唯一といえる武器はフィード。テクニック値15なだけあってピンポイントで前線に届く。
でもそれだけ。期待にそぐわない働きでした。
奪取力6 一対一5・5 空中戦7・5 パワー系対応力7・5 スピード系対応力2 カバーリング5 使い勝手3
Paolo的お勧め度★★★☆3・5

PageTop

リオ・ファーディナンド(04-05黒)

若くしてマンUでディフェンスリーダーとなり、
イングランド代表でもレギュラー。
世界屈指のCBの一人、ファーディナンド。
WCCFでは、なぜかどうしようもなく弱い。
とにかく動きが鈍い&遅い。
多分シガン(SPE9)よりも遅い。
TEC15なのに、TEC高い選手もとめられない。
パワー系にはそれなりだけど、それでも他の高数値黒には及ばない。
好きな選手なだけに、とても残念。
それと、04-05ではSPE12、05-06ではSPE11なんだけど、
彼の持つスピード対応能力はかなりのものだと思うんだけど。
そこら辺も含め、次Ver.に期待。
SEGAさん、お願いします。
奪取力5 一対一5 空中戦8 パワー系対応力6
スピード系対応力2 カバーリング5 使い勝手3
Ruud的オススメ度★★2

PageTop

エステバン・カンビアッソ(04-05)

数値を見る限りはSTAだけの平凡なボランチ。
しかし使ってみると数値以上の力を感じることができる。
極端なPOW、TECを持つ選手には弱いが、大抵の選手のボールはカットできる。
ビエラよりもマケレレのような選手かな?ただ、DEF13なので、過度の期待は禁物。
ショートパスの精度もよく、シンプルなつなぎが持ち味。
個人的にはアイマールと特殊連携なのもGood!
奪取力6.5 運動量8 カバーリング7 パス8 スピード感5 展開力5 使い易さ8
Ruud的オススメ度★★★★★★★7

オススメ起用ポジション:DH、CH(左)

PageTop

ファン・ベロン(04-05)

右OMF、右DMFで起用。
テクニック、パワーどちらにも優れる数少ない選手。
展開力に優れ、CFやWGの選手に自由自在にロングパスを送る。
時折繰り出すドリブルは、敵を交わしたり弾き飛ばしたり意外に突破できる。
守備意識もそこそこ、ボランチとしての守備も及第点。
FKもなかなかで、パス、シュートどちらも狙える。
結構動き回る上、STA15なので、リザーブ必須。
奪取力6 運動量8 カバーリング6 パス9  スピード感4 展開力9.5 使い易さ9
Ruud的オススメ度★★★★★★★☆7.5

オススメ起用ポジション:OH、DH

PageTop

ビルフレト・ボウマ

オランダの万能型DF、ボウマ
センターバック、サイドバックの両方で使用しました。
センターバックは、まあ、無難な動き。後ろに書いているほどのスピードは感じませんでした。フィードは中の上ほどですが、低い弾道で味方の足元に届く、という感じでした。
サイドバックで使用した際、無謀なオーバーラップが目立ちました。下手、という意味ではなく、スタミナを考えない、ということです。そこでセンターバックと同じ高さにおいたところ、中央にサイドにと、幅広いエリアで存在感を見せてくれました。
ぜひ下がり目での位置をお勧めします。
奪取力8・5 一対一7 空中戦7 パワー系対応力8 スピード系対応力7 カバーリング7 使い勝手8
Paolo的お勧め度★★★★★★★★8

PageTop

シェフチェンコ

01-02から使われ続けているシェフチェンコ。
04-05以降のシェバはバランスの取れた能力を持つので、
どんな選手でも合わせやすいが、中でも持ち味といえる
高いスピードを生かせる(伸ばせる)組み合わせを。
まずは昨シーズンまでともにプレーし、今も親友だというカカ。
カカはトップ下でもトップでも右ウイングでもいいプレーするので
組み合わせが自由。その点を買って1位。
2位にはシアラーをあげてみようかと。
LEのため連携は○にとどまっているけど、
2人で敵陣を突破する能力に長け、シェバを活かせる。
SPEもあるのでその点もプラス。
3位には今Ruudチームでコンビを組むアドリアーノ。
連携が通りやすく(◎)、今Ver.のアドリは
パスをよく出すようになった(しかもレーザービーム)から。
ミドルも強力で、GKがはじいたところをシェバが詰める。
これはかなり強い。
Ruudはこれで3試合に1点は軽く取ってます(笑

PageTop

カニサレス(WGK)

大ベテランの域に入った今なお世界トップクラスのGK
でありつづける、カニサレス。
ミドルシュートのキャッチングがうまい。
CKが減るのはありがたい。
飛び出しは普通だけど、近距離のシュート対応もうまい。
PK戦も悪くない。
ブッフォンに勝る能力こそないものの、
常に安定したセービングを見せてくれる。
近距離セーブ8 ミドルセーブ9 飛び出し6
フィード6 PK戦7
Ruud的オススメ度★★★★★★★★8

PageTop

ステファン・アッピア(04-05)

ガーナの精神的支柱アッピア
主にボランチで使用しました。
感じたのは波があるということ。乗ってるときはビエラ・マケレレ以上。そのあとのつなぎもなかなか。でも悪いときはほとんど存在感なし。見極めが必要かと。でも玉離れはいい印象。
やはりサイドよりも中央で使うべき。ボランチのほうがいいですよ。
奪取力7・5 運動量8・5 カバーリング6 パス7・5 スピード感5・5 展開力7 使いやすさ6
Paolo的お勧め度★★★★★★☆6・5

オススメ起用ポジション:CH、DH、OH

PageTop